2011年07月14日

円高はどこまで進むのか

円高が止まりません。最安値に迫りそうないきおいです。大企業の利益を直撃するはずですので、今後の景気への影響が心配です。
電力不足や震災による減産など、日本円が買われる理由は本来なはずですが、ギリシャやアイルラン、ポルトガルの財政危機により、ヨーロッパ全体に対する信用が無くなり、アメリカの回復も遅れていることから、やむなく円が買われているようです。

それにしても、日本はただ指をくわえて見ているだけで何もしないというのはいかがなものでしょうか?けん制するような発言をするとか介入をにおわせるとか。

電力不足に円高、ただでさえ重税に厳しい労働規制の日本ですから、企業の海外進出が加速する→雇用が減る→景気の悪化とならないことを祈るばかりです。
タグ:為替 円高
posted by ミフ at 08:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。